ココナッツオイルサプリ、どうしてますか?

スポンサードリンク



この記事の目次

1.サプリメントの印象 2.サプリメント選びのポイント
3.まとめと関連記事あんない 4.詳細とご購入カンタンNAVI

1.サプリメントの印象

サプリメントにはあまり頼りたくない。
私は、そんな風に考えがちなところがあります。

あなたは、いかがですか?

目の前にある、形を変えた食品、「サプリメント」

実際は、自然にできた野菜や果物、天然の魚や肉をたべることで、健康な体ができている。
そんな風に思うのが一番不自然じゃないと思います。

ところが、最近アラフィフっていうんですか、50歳超えて暫くするとどうしても、頭で考えている自分ではない自分がいるのを認めないわけにはいかない出来事が増えてきた。

疲れが、一晩眠っただけではなくならない。
食事制限すれば、すぐ体重も減ったのに最近ではなかなか。。
肩が痛くなって、治療したのに、元に戻りにくい。

などです。

食事からだけでは、なかなか元気いっぱいが保ちにくいお年頃なのか。

「サプリメントが必要なのかも。」ためいきの後にはこんな言葉がよぎるように。。

でもサプリは、中身が問題。
選ぶ基準はなんだろう?

有名メーカーだったらいいのか?

2.サプリメント選びのポイント

間違えないサプリ選びのポイントを考えてみたいと思います。

さくらの森で作ってるココナッツオイルサプリメントがあります。

名前は、「VCO」

サプリメントの成分表示の順番にはある決まりがあることを最近知りました。
それは、最も多く含まれている成分から順番に記述される、ということなんだそうです。

さくらの森のココナッツオイルサプリ、成分をみてみます。

見てわかるように、一番最初にかかれているのが以下の通り。

「ココナッツオイル(インドネシア産)」

次に書かれているのが、

「ゼラチン(魚由来)」

最後に

「酸化チタン」

これですべて。

つまり、最も多く含まれているのが「ココナッツオイル」ですね。

ココナッツオイルサプリメントなんだから、最も多く含まれているは、「ココナッツオイル」に決まっているんでしょう?

と思うかもしれません。

でも、スーパーのドラッグコーナーなど、「ココナッツオイルサプリ」とかいてあるサプリの裏側見てください。

意外に、この「あたりまえ」が少ないんです。

そのサプリメントには、目的に従って、配合されています。

サプリメントの名前は様々な「印象」を与えます。

やはりここは、裏の「成分」を見ないと、と私は思ってます。

主成分以外のもの。

主成分以外のものが、わかりやすいというのもポイントの一つだと思ってます。

VCOは、見ての通り「カプセル」ですね。

このカプセルがゼラチンからできていそうな事は私も想像できます。

酸化チタン、これ、他のサプリで安全な着色料として添加あれているのをたまたま
知ってました。

成分の数。

成分の数も大切じゃないかなと思うんです。

自分に合うか合わないか、その「確率」が成分の数が少ないと低くなる気がします。

3.まとめと関連記事あんない

まとめ。

間違えないサプリ選びのポイント

この記事では

1成分の順番を意識しよう。最も多い成分が一番最初に記述されている。

2成分の数をみよう。

他にも、一つのカプセルに主成分のココナッツオイルがどのくらい含まれているかもポイントになりますが、また次回の記事に書いてみます。

最後に。

ココナッツオイルについて
特別な中鎖脂肪酸が殆どです。
母乳にも含まれるラウリン酸が多く含まれている。

中鎖脂肪酸の特徴
1人のエネルギー原料は糖意外にもある。中鎖脂肪酸はケトンという脂肪をエネルギー源にできる。結果、お腹が空きにくくなる。
「お腹が空く」のは、「糖」という原料がなくなってくると、「脳」が、「お腹が空いた」と
指令をだすからである。
2中鎖脂肪酸は、皮下脂肪にならず、即エネルギー原料になる。

関連記事

4.詳細とご購入カンタンNAVI

ご購入はコチラから
   

バナー原稿imp