ハート&ライフ ベルメゾン

只者ではない母への悩める花贈り「リーガースベコニア」なんてどうだろう?

更新日:

2014年3月7日に「母の日フェア2014」へ参加してみました。リンクシェア主催の毎年恒例のフェアでとても素敵でした。

2014年3月7日「母の日フェア2014」にて撮影(お花)・「リーガースベゴニア ビノスソフトピンク」

「リーガースベゴニア ビノスソフトピンク」の購入はコチラから!
icon

関連記事

意外!母への悩める花贈り「ダンスパーティ」あじさい編

世の中にはいろんなお母さんがおられると存じます。正直、私は母とはあまり仲良くなかったです。50年以上仲良くなかったけど、今ほんのちょっと「好き」だと思うようになりました。幼い頃から「母の日」を素直に「ありがとう」とか思わなかったことが多いです。でも、やはりこの年齢になって花を贈ろうかと考えるのです。どうして、母とソリが合わなかったのかを振り返ってみます。せっかくの母の日フェアですのでお花のご紹介とともに。

目次

1 ピアノのレッスン「リーガースベゴニア ベラライラックピンク」
2 バレエのレッスン「リーガースベゴニア ボリアスダーク」
3 中学お受験「リーガースベゴニア グローリーピンク」
4 まとめ

1ピアノのレッスン「リーガースベゴニア ベラライラックピンク」

小学1,2年の頃のことです。母はどういうわけか、私に「ピアノ」を習わせたがりました。私?私は当然「行きたくありません」理由はピアノの女性の先生が母以上にヒステリックで叱られるからです。春だったと思います。ニラの花が咲いている頃、あまりにもピアノのレッスンが嫌でたまらず「サボり」ました。レッスンは近所でしたので当時原っぱがいくらでもあったのでそこでニラの花をちぎって時間を潰しましたっけ。手がニラの匂いだらけになったのを覚えています。

2014年3月7日「母の日フェア2014」にて撮影(お花)・「リーガースベゴニア ベラライラックピンク」

「リーガースベゴニア ベラライラックピンク」のご購入はコチラから!
icon

「サボり」はいけないことなので、母にこっぴどく叱られました。大人になって何故ピアノを習わせたかを聞くと母の意見ではなく父の意見だったそうです。それなら、そうと当時言ってくれれば私も譲歩したのにと悔やまれます。

「リーガースベゴニア ベラライラックピンク」の色は青みがかった赤に近い美しいピンクで、なぜかピアノのレッスンに行った時を思い出します。ずっと嫌な思いでだったけど今は懐かしい。

目次へ戻る

2 バレエのレッスン「リーガースベゴニア ボリアスダーク」

数ある習い事の中でも最悪だったのが「バレエ」です。当時、小学校2年生終わりから小学校3年くらいに習わされました。その理由は「おまえ(私のことです)は、体が弱いから別に将来バレエをやってほしいわけじゃないから」と妙に言い訳がましく理由付けを母がしました。私はバレエだけはやりたくなかった。何故かというと、衣装(「チュチュ」とかいう)を着るのが猛烈に嫌だったのです。それに、関節が固く顔が歪みました。

2014年3月7日「母の日フェア2014」にて撮影(お花)・「リーガースベゴニア ボリアスダーク」

「リーガースベゴニア ボリアスダーク」のご購入はコチラから!
icon

「リーガースベゴニア ボリアスダーク」は、本当に美しく花びらの先がグラデーションを描いています。このお花を見ていると私と対照的な服の好みだった母の服を思い出すのです。それでも、どういうわけか、母が着飾った姿が誇らしく感じました。それは、本当です。

Photo by LinkShare

「リーガースベゴニア ボリアスダーク」のご購入はコチラから!

目次へ戻る

3中学お受験「リーガースベゴニア グローリーピンク」

小学生の4年から当時はやりだった「中学受験」に参戦させられました。私は内心「また、はじまった。他の子と一緒に何かやらせたいだけなんだな」と思いました。お受験は嫌だったんです。だって、私は4年の頃、「秘密基地ごっこ」に夢中で陣地を取られないかと仲間の子供たちと必死で戦っていたんですから。嫌に決まってます。塾通いなんてしたら、大事な「秘密基地」が潰されてしまうからです。でも、当然私の「事情」など聞き入れませんので、お受験をするはめになりました。

2014年3月7日「母の日フェア2014」にて撮影(お花)・「リーガースベゴニア グローリーピンク」アップ画像

「リーガースベゴニア グローリーピンク」のご購入はコチラから!
icon

「リーガースベゴニア グローリーピンク」は、透き通った色の綺麗なベゴニアです!私は小学生のこの頃幼馴染の家に遊びに寄らせてもらいましたが垣根の脇にベゴニアが飾ってあって、こんなに大きく鮮やかではないのですがこんなかんじの可愛い美しいベゴニアが咲いていたのを思い出します。

4 まとめ

色々と、みな様もお母さんの思い出っておありかと。こんな感じでいろいろあって、思春期までは母親をただただ、嫌ったりしていました。元気のいいまだ若い母親だったからかもしれませんね。今は80代に母はなっており、このような強さがやや弱まったようなきがしないでもありません。病気もありますし。意外なことに花が好きな母親にプレゼントしてみようかなと思います。私が自分なりに母に贈ってみようかな?と思うものはベゴニアならば、「リーガースベゴニア ビノスソフトピンク」です!こういうイメージの母親が欲しかったからです。

大人になってピアノのレッスンはやりたいと思いますし(でも、先生は優しくなければ嫌だなー)、バレエも「チュチュ」こそ着たくないですが、体を動かすのにバレエのポーズは好きになりました。嫌いだった子供の頃の習い事って、不思議ですね。

2014年3月7日「母の日フェア2014」にて撮影(お花)・「リーガースベゴニア ビノスソフトピンク」

「リーガースベゴニア ビノスソフトピンク」の購入はコチラから!
icon

目次へ戻る

おすすめ記事

-ハート&ライフ, ベルメゾン

Copyright© 休憩中.com , 2017 All Rights Reserved.