QUON クオン メルセライザー ハンドクリーム R(ローズ)をガン見! 

ほんのりピンク色なのは”紫根”配合だということです。色まで天然です!メルセライザーとはメルライズ(シルクのようなという意味)からインスパイアされたとのこと。

スポンサードリンク



この記事の目次

1.特徴(国産無農薬) 2.成分とそのこだわり
3.試してみて 4.まとめ

2月20日、こだわり商品研究所さんの「QUON クオン メルセライザー ハンドクリーム R(ローズ)」を見てきました。

この記事に掲載している画像は全て2015年2月20日株式会社もしもさんにて撮影したものです。

1.特徴(国産無農薬)

「QUON クオン メルセライザー ハンドクリーム R(ローズ)」は「こだわり商品研究所」で購入できるハンドクリームです。

株式会社クレコスが取り組むソーシャルプロジェクトのクオンプロダクツファームが作ったコスメ「QUONクオン」のラインナップの一つです。

「こだわり商品研究所」社長さんの文章です。
株式会社クレコス(CRECOS)は元々歴史あるオーガニックスキンケアブランドです。
成分が安全であることはもちろんのこと、日本に古くから伝わる
植物原料を中心として、という思想・理念を強く持つブランドであると認識していました。
この株式会社クレコスが新しく立ち上げたブランドが「QUON」です。

私が驚いたのは、主成分の一つである「お茶」の栽培方法です。無農薬であるところまではよく聞きます。ところが、”耕すこともない”土地で栽培しているというところです。
私は、介護アロマセラピーのごく初級の資格を持ってますが、アロマ、精油も野生のものは高価なのです。成分も全く違うのです。

「こだわり商品研究所」社長さんの言葉「オーガニック原料で完結、ではなく、さらにその上を行こうとする姿勢、
これは素晴らしいと思います」
「奇跡のお茶」と呼ばれる大和茶のエキスとは?
大和茶は、伊川健一さんという方が、「自然農」という、
農薬はもちろん、肥料も使わず、土も耕さず、自然そのままの状態で、自然の力に任せて、
お茶の成長の邪魔をせずつくられる本質的な自然農法でつくられているとのこと。
以上、「こだわり商品研究所」サイトにある文章です。

私は、自分自身が現在アレルギー体質のため様々な事に悩みがあります。
そのためか、特にここ半年の間に化粧品、精油の製法には敏感になってしまいます。

先ほどもちょっとふれましたが、たとえ精油でも野生のラベンダーか栽培されたラベンダーか、そしてさらには、精油の抽出方法まで大変気になります。
理由は全然別物のように違いがあるからです。値段、特に品質に違いがあります。

「オーガニック」といわれても、全成分くまなく調べてしまいます。また、その成分がさらに何から得られているのかまで調べます。

結果、かなり良心的なメーカーさんでも、(例え大学研究所と共同研究していますとあっても)私のような体質には残念ながら問い合わせないとわからないものが多いです。

ところが、「こだわり商品研究所」さんで扱っている株式会社クレコス(CRECOS)さんのオーガニックスキンケアQUONクオンは全て明らかにされていました。

【目次へ戻る。】

2.成分とそのこだわり

納得の成分に感激!柑橘系精油の光毒性についても言及されています。光毒性はない理由もちゃんと記述されていました。スゴイ。

「光毒性」とは
柑橘類の精油アロマオイルの一部には、ある濃度で皮膚へ塗った後太陽の光に当たると「シミ」ができるような副作用があることを言います。
例えば、ライム、オレンジビター、レモンなどの果皮の精油は光毒性があると一般的にいわれています。なお、オレンジスウィートには光毒性はありません。
株式会社クレコス(CRECOS)さんのオーガニックスキンケアQUONクオンに配合されているオレンジビターやレモンなどの精油は圧搾法によって、抽出されたものではなく、サブクリティカルウォーター抽出という新しい抽出方法で抽出されているので光毒性はありません。
一般的に、水蒸気蒸留法なら光毒性はないとのこと。

あと気になる成分では「水添レシチン」です。これは、厳しい基準の書籍には界面活性剤なので「毒性」があるとされてしまうからです。ところが、ここについてもちゃんと言及されていました。ホント、十分すぎるくらいていねいな説明です。

「水添レシチン」とは
乳液や美容液を作るとき界面活性剤がどうしても必要となるそうです。(私も最近理解しました。)水と油を混ぜ合わせるのに界面活性剤がいるのです。この界面活性剤が「水添レシチン」です。「水添レシチン」には完全に合成のもの、そのほか天然由来のものがあるとのこと。天然由来の天然とはなんでしょうか?
それは、大豆あるいは卵黄だとのこと。QUONのスキンケアシリーズでは、「化学的に合成されたものと動物由来のものはつかわない」と断言していますので、大豆由来だとわかります。なので、大豆にアレルギーのある方以外は使えるということになりますね。

3.試してみて

実際に試してみました。なじみがとてもよく、なによりもローズの香りが素晴らしい。周囲にいた人が「何?」っていうくらい香ってました。ローズは優雅な気分にさせてくれます。

出してみるとほんのり淡いピンク色。
素晴らしい香り。
テクスチャーは淡雪のように肌に置くとすっと溶けてゆきます。

伸びが良くて、カサカサの私の乾燥した手の甲が帰宅するまでの1時間ちょい、気にならなかったです。
「そういえば、いつもの手の甲のカサカサ感じないな?」と思ったのを思い出しました。

4.まとめ

耕すこともない自然農法で育った大和茶葉が配合された国産の日本人のためのハンドクリーム。
成分も申し分ありませんでした!
是非使いたいと思います。

私はいいと思います。

ハンドクリーム「QUON(クオン)」を購入するには以下をクリックして下さい。

QUONハンドクリームローズご購入・詳細はコチラから!
icon

QUONトライアルキットも気になりました。
icon

スポンサードリンク