今年2015年3月31日、地元西東京市文理台公園でお花見にいきました。動画あります

スポンサードリンク


この記事の目次

1.地元でお花見に行く公園 2.文理台公園@西東京
3.この後曇り続き 4.まとめ

1.地元でお花見に行く公園

東京都にある西東京市という場所にある公園「文理台公園」は春はお花見、夏はお祭りや花火大会が催される公園です。

公園の周囲に桜が植えられていて見ごろでした。
近所の主婦の方が子供さんを連れてお弁当食べながらお花見していました。
子供たちはボールで遊ぶのに夢中でしたよ。
公園の東よりの南の桜だけ動画撮影しました。
西側にも八重桜や枝垂れ桜があって、色とりどりで綺麗です。
午後の撮影でしたので、日陰になる西側の桜の様子が撮影できませんでした。(暗く映るので)

ほぼ満開なのがこの日、3月31日でした。
なかなか綺麗な桜です。
公園の中央がグラウンドで芝生がないため埃っぽいのがちょっと残念ですが。
老人ホームやディサービスなどは結構利用しています。
西東京市は施設がとても多いところです。

2.文理台公園@西東京

文理台公園は、都道234号線沿いで市立明保中学校の北側に位置する公園です。

西東京市Webより

東京全体地図の中で西東京市の位置はこちらです。赤いところが西東京市です。

Wikipediaより

場所:西東京市東町一丁目4番地
中町交差点という信号機があります。
昔、このあたりは三軒家と言われていました。その理由は知りませんが。
竹藪があってそこには雀が夕方必ず帰ってきていたので「雀のお宿」と私は呼んでいました。
「雀のお宿」の竹藪はとっくの昔に開発されてなくなってしまいましたが。

3.この後曇り続き

春の天気や気温は変わりやすいですね。

お花見を楽しみにしている人々の気持ちとは裏腹に天気は下り坂
一番天気の良い3月31日には桜はほぼ満開で幸い?でした。
今年は、この後、お天気にあまり恵まれませんでした。
気温の差も20℃近くありました。
曇り空に薄ピンクの桜も綺麗ですが。

4.まとめ

お花見をすると清々した気持ちになりました。

自分一人でお花見するのって、考えられません。
というより、一人でみたくても綺麗なお花の咲いているところは必ず人がいるからですね。
言葉を交わすこともあるでしょうし、黙っていることもあるでしょうけど。
でも、皆何か話そうがそうでなかろうが、目的は同じというのが良いんでしょう。
桜は綺麗です。
年よりに話を聞くと毎年この桜が楽しみだといいます。
桜は大きな樹になると、冬まるで枯れているように見えます。
枯れているかのような樹にあのような可愛らしい若々しい色の花を沢山つけるところが「励まされる」と。
そんな表現をした一人の女性がいました。彼女は87歳でした。

スポンサードリンク


【目次へ戻る。】