日比谷花壇ではリバテイプリントのエプロンと同じ柄のブーケがオリジナルデザインでいけてると思います!

専属デザイナーによるデザインはブーケだけにとどまらなくて、花瓶の柄とアレンジメントフラワーのアイビーが同じ柄であったりとお花を贈られた人の心を捉えるものばかり。

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影花柄とリボンが同系色!

icon
icon

リバティプリント エプロンブーケ「ポピーアンドデイジー」のご購入はコチラから!

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影

icon
icon

リバティプリント エプロンブーケ「クレアオード」のご購入はコチラから!
icon

リバティプリント エプロンブーケ「クレアオード」もエプロンで包んだ花束。こちらのエプロンは胸当てがなくギャルソンタイプです!

↓関連記事↓

只者ではない母への悩める花贈り「リーガースベコニア」なんてどうだろう?

意外!母への悩める花贈り「ダンスパーティ」あじさい編

関連記事でも書きましたが私の母はちょっと面白い女性です。今TVショッピングにはまってる母は76歳あたりまで、船で海の沖へでて魚釣りを趣味にしていました。なので、よくイカ釣の仕掛けが部屋に置いてありました。テーブルは仕掛けをつける長さの「印」が刻まれています。

目次

1 海釣と母・日比谷花壇トートバッグブーケ「グラッツェ」
2 イカ釣のしかけ・日比谷花壇「ペタロ・カーネーション フレーズ」
3 タコ飯・日比谷花壇アレンジメント「ロゼシャイン」
4 まとめ

1海釣と母・日比谷花壇トートバッグブーケ「グラッツェ」

母が釣へ行くきっかけは父でした。父が好きな釣りは岩場や埠頭から釣り糸を垂らす陸釣でしたが、大きな事の好きな母は試しに一度体験した船釣りに強く惹かれたようでそれ以来ずっと行ってました。私も小学生の頃に一度船に乗せてもらったのですが船酔いするので二度と行きません。海は好きで海辺の街も好きで妹と沼津を探索したりしました。

非常に活動的な母へプレゼントを考えています。日比谷花壇のお花は、80代の母も良く知っているほどの老舗です。このトートバッグに包まれたブーケも斬新で柄も目を引き魅了されます。母は大きな花柄が好きなので、好みかも知れないと思いました。

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影

icon
icon

トートバッグブーケ「グラッツェ」のご購入はコチラから!
icon

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・リボンと花柄の一部のカラーがコラボ

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・大きめで実用的ですね

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・お花が結んでありますが、ワインなどを固定

目次へ戻る

2 イカ釣のしかけ・日比谷花壇「ペタロ・カーネーション フレーズ」

海釣歴20年くらいに母はなると思います。現在は80代ですから行きませんが。76歳まで船に乗って釣りをしてました。父は残念なことに66歳という若さで亡くなり、その後悲しい中にも母を支えてくれたのが釣り宿の人たちでした。70代になってからは、イカ釣りばかりをしており、イカ釣りのしかけがいつもありました。

キラキラしたイカのしかけは淡い色のプラスチック制でとても綺麗で不思議でした。このしかけを作る母の姿はよく覚えています。イカのしかけとお花は何も関係ないのですが、母のいつになく大人しい姿を思い出すとこんな可愛い花束もいいなと思えたのでした。

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・花びらの形の包みは各国語の「おかあさん」が入ってる。

icon
icon

カーネーションの形をした花束「ペタロ・カーネーション フレーズ」のご購入はコチラから!
icon

3タコ飯・日比谷花壇アレンジメント「ロゼシャイン」

父がなくなってからも10年以上も海釣に出かけた母も今は80代。海釣に行ってた頃の船宿のおかみさんとはいまだにやりとりがあって、先日久しぶりに母に会いにいくとせっせと、「タコ飯」を作ってくれてました。おかみさんからタコが送られてきたんだそうで、「このタコはお母さんが釣ったんじゃないんだよ」ってそりゃ、わかります。。

「タコ飯」はなかなか炊きあがらなくて待ちくたびれて部屋を見渡すと花好きの母が集めた綺麗な鉢に植えられたもの、花瓶の大きな百合など見事です。海釣もしたけど、今は花をかかさないようです。フラワーアレンジメントの先生が月一回きてくれるということ。プリザーブドフラワーもトイレにまで飾られています。日比谷花壇のアレンジメントフラワー、アイビーがアレンジされているものはなんと、花瓶にまでアイビーが浮き上がっています。これ、母は喜びそう!

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・アイビーと花瓶がお揃い

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・アイビーと花瓶がお揃い

2014年3月7日「母の日フェア」にて撮影・アイビーと花瓶がお揃い

アレンジメント「ロゼシャイン」のご購入はコチラから!
icon

目次へ戻る

4 まとめ

海釣が好きで「女性釣り会」にまで入っていた母も今は80代。花も釣り宿のおかみさんからいろいろ教わったようで、今では月一回フラワーアレンジメントの先生が来ている様子。家の中が結構花だらけです。気がつくとプリザーブドフラワーの作品が増えていたりで。これからも、花と一緒に元気でいてくれるように母の日にはお花を贈ります。

目次へ戻る