甲州夢小路とは

JR甲府駅北口に、線路に沿って新しくできた観光スポットがある。
甲州夢小路といいます。

大正、明治、昭和の建物を復元して、最近できたそうです。
また、古民家を移築してできた店舗や、明治初期まで200年庶民のために鳴らし続けてきた「時の鐘」も復元されてます。

そのほか、ワインがグラス1杯から試飲できるバーも。

甲州夢小路の「時の鐘」と「明治館」

「時の鐘」は、本当に鳴ります。

正面の扉は、開かないように鍵がかかってました。

JR甲府駅南口から見た「時の鐘」

ズームして撮影すると、こんな感じ。

明治館は、「時の鐘」のすぐ隣にあります。

「明治館」には、喫茶店なども入ってました。

今回は、外から写真を撮影しただけ。

もっと、奥にある「桔梗屋信玄餅」の製造会社系列のカフェへ入りました。
カフェの様子は、また後程、記事にしますね。

まとめ

JR甲府駅南口にある「甲府城跡」西にある内松陰門から、陸橋を渡って北口へ。

陸橋から、降りる箇所がありました。

北口には、繁華街がなく、甲州夢街道が新しく開発されました。
これから、人気スポットになりそうな感じです。
今は、ワインバーなどかなり早い時間に閉まってしまうので、行く場合は早めがいいです。