母の思い出を何かいい形で残せないのか?とずっと考えていました。

アルバムを作ろうと思ってました。フォトブックを知って、「あ!これだ」と思いました。

スポンサードリンク



この記事の目次

1.人とつながる 2.できること
3.作成途中ご紹介 4.まとめ

フジフィルムモールさんはたまってしまった写真をフォトブックに残す素敵な方法を教えてくれました!素敵なフォトブックを眺めているうちに私もちょっとしたアイデアが浮かびました。今年も「母の日フェア」へ出席させていただく機会があって沢山撮影してきました。

この記事に掲載している画像は全て2015年3月6日リンクさん施設にて撮影したものです。

1.人とつながる

めったに会えない人へ伝えたいことがあるときに手段は何がいいのだろう?と思いました。

すぐ↓の画像は「写真仕上げ」になります。

<いつも、こんな感じです。>
去年の夏に来てくれた時の写真があります。
今年の冬もお母さんは元気に乗り越えました元気です、の写真もあります。
毎日、過ごしている様子です、の写真もあります。
会えないけど、会いたい、お母さんのこと、知りたいはずです。
なかなか会いにこれない遠い娘さんたち。
一緒に映っている写真は送ったりしてますが、普段の様子の写真をそのまま送るというのがなかなか難しい。

被写体は旦那さんのお母さん。認知症なので、意志疎通がなかなか大変です。電話はちょっと無理
です。

伝えたい人は、旦那さんの妹さんたち。毎年それぞれ訪ねてきてくれます。

私は記念に、来ると写真を撮影します。
撮影した画像をプリントしてそのまま郵送してました。

でも
いつも写真を郵送するときに思うんです。

記念の写真を束ねてそのまま送るだけではなくて、もっといい方法がないのかな?って。

2.できること

フォトブックに残しておこう。アルバムに自分で貼ってもいいけど、フォトブックなら長年カラーも持つといいます。

すぐ↓の画像は「印刷仕上げ」です。

フォトブックは、アルバムですが、ちょっと普通のアルバムという感じではないところが良いと思いました。
特に、ハードカバーは普通の本とも違う重厚感があります。
本棚に飾ってもちゃんと自立します。
写真たてや壁に飾ってもいいけど、見たい時に存分に見られるのも1冊あってもいいと思います。

3.作成途中ご紹介

簡単!と聞きましたので早速試してみました。その過程をご紹介します。(途中までなのですが)

  • サイトのトップページへリンク
  • 「すぐ作成する」のバナーをクリック
  • ハードカバーは「写真仕上げ」と「印刷仕上げ」を選べます。サイズ3種類です。
  • ソフトカバーは「印刷仕上げ」のみ選べます。サイズ4種類です。


その他注意事項一例

  • アップロード可能画像最少サイズ480×480ピクセル
  • レイアウト編集では背景デザインをキャッチ&ドラッグで簡単に左右変えることができます。
  • iPhoneデフォルトムービーから作った画像は大きさが足りないので登録できませんでした。
  • 16ページのフォトアルバムに対して、推奨画像数は10枚~49枚のようです。
    • 登録可能画像サイズは最低480×480ピクセル
      16ページのフォトブックなら適正画像枚数は10~49枚程度
      iPhoneデフォルトムービー撮影した動画からムービーメーカなどで画像を作ると大きさ不足のため登録できません。

      4.まとめ

      フォトブックの作り方は初心者でも簡単に作ることができます

      フォトアルバムを作りたい方は是非、作ってみてください。
      私はもう一度、撮影しなおしてから作りたいと思います。

      注意点は以下の通り
      画像編集してしまう場合、480×480ピクセル以上の大きさにしてください。
      おススメは、「写真仕上げ」ハードカバーです。

      フォトブックのご注文詳細は以下のバナーをクリックして下さい!
      FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

      【目次へ戻る。】

      スポンサードリンク