アレルギー体質の私は最近特に何もしていませんがかなりイイかんじになってきていますが、首周りそして頭部の髪の毛の生え際などのアトピーが頑固なので1年ぶりぐらいでかかりつけの「ひばりヶ丘」というところにある皮膚科へ行ってきました。そこで、ドクターから聞いた話し。「ここ、数年で解ってきたんだけどね、アトピーはニッケルやコバルトなんかの金属成分の入ってる食品を多量に摂取するとよくないらしんだよ。だから、そういうのが入ってる食品とらないでね」と言われたのです。

ひばりが丘の皮膚科周辺の様子です。このあたりに行ってきました。

え?と私。  だって、金属は必要とか言われたりしますし。ドクターは「だから、食べすぎちゃいけないのよ~。例えば、ゴマ、ね。ゴマって身体に良いからと全ての料理にゴマを振りかけてたべたりする人いるでしょう?あれ、がだめなわけです。」

私:「他に何に多く含まれるのですか?先生が以前私に禁止したコーヒーとかチョコ以外に?種子ですか?」

Dr.:「ゴマ、胚芽、コーヒー、チョコ、アーモンドなどナッツ類、ふすまだね。つまり、健康オタクみたいな人が好んで食べるものに多く含まれているのですよ、だから食べるなとは言わないレベルだけど、週に1度にするとかね」

私は身に覚えがありました。ここ、半年、玄米を白米にブレンドさせて食べるのは好きでごはんの時には玄米ブレンドして食べているのでした。確かに、日によっては首や頭に湿疹があまり出ない日もあるのです。私はごはんを毎日食べるのではなく、麺類だったり小麦粉だったりするので、玄米を食べていない時は大丈夫だったと思われます。

子供も、アレルギーがあって、しかも先日帰省したので持って帰らせたのに「発芽玄米」がありました。気になったのでちょっと調べてみたのです。食品に含まれる金属がどんなものだか知りたくなったのです。

さまざまな食品のニッケル、クロム、コバルト、錫、亜鉛含有量をある大学のアレルギー科のドクターが分析した文献がありそれを参考に、ごく一部(自分がよく食べる食品)を掲載します。単位は[μg/100g]

1.チーズ:スズ(104.8)亜鉛(1636.0) (比較)ヨーグルトはスズ(0.0)亜鉛(0.0)

2.チョコレート:ニッケル(235.0)亜鉛(2746.5) (比較)アーモンドチョコレートはスズ(11.5)亜鉛(1139.0)

3.甘栗:ニッケル(235.6)スズ(80.2) (比較)ラムネはニッケル(1.8)スズ(8.1)

4.缶詰みかん:スズ(9042.5) (比較)トマトジュース缶はスズ(2.2)

5.麦芽飲料(粉):ニッケル(264.3)クロム(52.0)コバルト(26.0)スズ(111.0) 亜鉛(1904.5) (比較)紅茶液はニッケル(0.9)クロム(0.3)コバルト(0.3)スズ(0.0) 亜鉛(5.2)

6.黒豆入りココア(粉):ニッケル(383.8)クロム(45.4)コバルト(24.6)スズ(104.8) 亜鉛(2122.0)(比較)ナタマメ茶液はニッケル(0.0)クロム(0.4)コバルト(0.8)スズ(0.0) 亜鉛(0.4)

結論として、これもあれも、絶対食べない!にはなりたくないので、神経質にならないように、1週間に一度くらいは良いんじゃないの?ということ、そして後は皮膚科のドクターに薬を頂いてそれを服用していつも通り、快適に過ごそう!ということになりました。「抵抗するものははびこる」というらしいので、対処するだけしたら後は忘れてたのしく過ごすことにしました。

やっぱり、好きなものは好きなんだし。アイスコーヒーだって、たまには飲みますとも!1週間に一度にしておこうっと。。でもキッシュはやめられません。今はスタバのキッシュ、メニュー変ったんですよ~「鶏肉と根菜のキッシュ」楽しまなくっちゃ!生きてる価値ないものね。