A8Moba8フェスティバル2012 in 渋谷ヒカリエへ参加しているアースコンシャスさんのブースへ行ってきました。

ヒマラヤ岩塩は、元々とても好きな塩の一つでした。ローズ色、ピンク色の幸福そのものを象徴するかのような色も魅力的ですが、とても美味しいです。ライ麦パンに無縁バターなどをつけてヒマラヤ岩塩で塩味をつけて食べると最高です。他の料理も、この塩を使うと違う味に仕上がります。コンソメなど調味料を使わなくても素材さえ美味しければ充分ヒマラヤ岩塩だけでいけます。

lie

ライ麦パンにバターをつけてヒマラヤ岩塩をパラパラとしたところです。

ロック状態のヒマラヤ岩塩だとほんのりピンク色がわかります。また、ボトルにはいっていればわかるのですが、こうしてみると、、ちょっとよくわかりませんが。。上からぱらぱらとふりかけて食べます。すごくおいしいです。この食べ方が一番塩の味がわかる気がします

pinksolt

ヒマラヤでとれる塩なんだなあと実感しました。

以前から「おいしい」とわかっているし、お店でみかけるヒマラヤ岩塩もピンク色だし、わかっているけど、つくづく展示会場でアースコンシャスさんのところでピンクソルトのランプ(塩の塊をくりぬいて中に電球をいれてランプにしたもの)を見たりしているうちに、その幻想的で神秘的な気配にいったい、どういうところにあったのだろうか?と静かな気持ちになって疑問が自然と胸に湧きおこりました。パンフレットにあった「ヒマラヤ岩塩とは」をご紹介します。

ヒマラヤ山脈のふもとから採掘される、太古の時代(パンゲア時代)の岩塩の結晶です。まだ大陸が分かれていないくらい遠い太古です。活発な地殻変動により海水が閉じ込められて塩の湖ができ、湖が干上がって塩の結晶となって残った、ということです。さらに、地表の隆起によりヒマラヤ山脈が出来上がる時にこの塩の結晶は地下深くに埋没したそうです。そして岩塩という塩の化石になって眠ったそうです。

ソルトランプの不思議で美しい光

lump

長い長い年月をかけてできたヒマラヤ岩塩でできたソルトランプです。幻想的でとても癒されます。

お風呂に入れることのできる塩も!これ、あったまりますね。これからの季節に!

bathsolt

アースコンシャスさんのヒマラヤ岩塩は、希少価値のものです。


soltkind

アースコンシャスさんのヒマラヤ岩塩は、採掘の5%-10%しかないものを使っているとのことです。日本人の味覚にあったとても貴重なヒマラヤ岩塩を手に入れることが出来るようです。私は、是非、ソルトランプも自分も欲しいと思います。アロマオイルを炊けるのが良いと思いました。実家にはどういうわけか、このランプがあります。今度アップします。